雨漏り対策は自分でできるのか

応急処置の方法を知ろう

悪化しないように気を付ける

自宅で雨漏りが見つかったら、すぐに対応しなければいけません。 応急処置をすることで、被害が悪化することを回避できます。 そのままにしていると、室内が水浸しになったり、天井の素材が腐ったりするので注意しましょう。 雨漏りは天井だけでなく、窓枠からも発生します。

簡単な応急処置を覚えておこう

雨漏りしている場所があったら、バケツと雑巾、そして新聞紙を用意してください。
それがあれば、室内が濡れることを回避できます。
放置していると室内が水に侵食されて、素材が腐ってしまいます。
早く雨漏りに気づいて、最低限の対処をしてください。
古くなっている住宅は、特に雨漏りが発生しやすいです。
そこで雨が降っている日は、こまめに天井を確認するのがおすすめです。
雨漏りは天井だけでなく、窓枠からも発生する可能性があります。
その場合は、雑巾やビニールシートを用意してください。
またこの時に、カーテンは外しましょう。

屋根にビニールシートを付けて、雨漏りを防ぐ方法があります。
この作業は危険が伴うので、2人以上で作業を行ってください。
また雨が降っていると、早く雨漏りを何とかしたいと思う人が見られます。
ですが雨が降っている時は、屋根が滑りやすくなるので作業は避けてください。
晴れている時に作業するのが安全なので、室内でできる応急処置を済ませ、天候が良くなる日を待ちましょう。

様々な方法で対策ができますが、あくまでも応急処置だと忘れないでください。
自分で対処できないと思ったら、早く業者に相談してください。
その場合は、経験が豊富な業者に任せることがポイントです。
経験が少ない業者では工事に時間が掛かったり、工事後にミスが発覚したりするかもしれません。
雨漏りの状態を見て、かなり進行しているようだったらその時点で業者に連絡しましょう。

2人以上で行うことを守る

屋根にビニールシートを被せることでも、雨漏りの応急処置ができます。 しかし1人で屋根に上って、作業することは絶対にしないでください。 1人では、万が一の事態に対応できなくなります。 絶対に、2人以上で作業することを守りましょう。 協力しながら、作業を進めてください。

すばやく判断しよう

現在発生している雨漏りが自分で応急処置ができるのか、それとも業者に任せなければいけないのか見極めてください。 業者に任せる場合は、すばやく連絡しましょう。 経験が豊富な業者に任せることで、完璧に修繕してもらえます。 いざという時のために、業者を探しておくと良いですね。

Topへ
戻る▲